閉じる
  1. アムウェイとアリックス、どちらに参加したほうが良いのか?
  2. アムウェイコンフォートマスクでコロナを防げるか?
  3. アムウェイ空気清浄機でコロナを撃退出来るのか?
閉じる
閉じる
  1. コロナのお陰?アトコントロールの売り上げが好調!その理由とは。
  2. ヤングリヴィング新商品ブルーム効果、成分を徹底解説!買う価値あるかがリ…
  3. DII Consentesの被害例と被害相談とはどうなの?
  4. R+Fクラブ会員になると得か?ロダンに参加するか考えた時に知った事実。…
  5. なんと!ジージャジャパンが買収!その結末とは・・・
  6. 警告と通達?!ロダンアンドフィールズの日本上陸は上手くいくのか?ニュー…
  7. ネットワークビジネス業界のセミナーはオンラインで展開!?今後の動向をチ…
  8. アムウェイ育毛剤で抜け毛が無くなりハゲが治った!
  9. 【3分理解】ヤンジェヴィティで確定申告が必要な人、不要な人。会社にバレ…
  10. 【3分理解】セルフで確定申告が必要な人、不要な人。会社にバレないポイン…
閉じる

ネットワークビジネスマガジン

ネットワークビジネス会社がインターネットを禁じた歴史と現在

1995年。

ウィンドウズ95が発売されて、インターネットが一般庶民に広く広まり始めたころ、ネットワークビジネス業界は一つの転機を迎えました。

「これからのネットワークビジネスはインターネットで拡大する!」

「もう口コミで友達を誘わなくてもよくなる!」

「インターネットがあれば世界にダウンを自由に作ることが出来る!」

「これなら初心者にも出来る!」

あれから20年。現時点ではインターネットでネットワークビジネスが広がっている感じはありません。ごく一部のグループがネットを使って展開しているだけで、いまだに口コミが王道の業界です。

なぜでしょうか?

ネットワークビジネスとインターネットリクルート方法、仕組みの歴史を振り返ってみましょう。

 インターネット掲示板に書き込み オタッキー時代

ネットワークビジネスをインターネットで広めるにあたって、一番最初に集客や宣伝で使われたのが「掲示板」でした。副業掲示板やサイドビジネス掲示板ですね。

掲示板に自分の参加しているネットワークビジネスの宣伝を書き込んで、興味ある人を集め、メールでやり取りをする、と言うやり方です。

当時はたくさんの掲示板があって、あっちこっちに一生懸命書き込んでいた時代がありました。

しかし、自動ツールで書き込めるようになってからは、掲示板が荒れてしまい、次第に廃れていってしまいました。

メールマガジン独占広告時代 MLMグループ乱立で大賑わい

掲示板の次に出てきたのが「メールマガジン独占広告」です。

これは無料でメールマガジンで広告を出せる代わりに、あなたのメールアドレスに大量の他人の広告が配信されるという仕組みです。しかし無料は所詮無料なので、なかなか反応がありません。

無料が嫌なら、有料の独占広告を出すことが出来るのです。1回1000円くらいで配信が出来ました。

この時に神田昌典氏が「少予算顧客獲得実践会」をはじめて、ダイレクトレスポンスマーケティングと言う手法がインターネットで流行り始めました。

神田氏のノウハウを使って独特の集客を行っていたのがJ’s systemやDreamExpressというグループでした。当時としては画期的な方法でインパクト大でした。

それまでは、掲示板やメルマガでいきなりネットワークビジネスの宣伝をしていたのですが、無料オファーをしながらリストを集めるマーケティングが始まりました。

いきなりビジネスの勧誘や説明をするのではなくて、相手にとって魅力的な無料オファーをして、メールアドレスを集めることに専念する。そのあとは資料を送ったり、メールマガジンを送ったりして信頼を勝ち得ながら、じっくりとサインアップに持ち込んでいく、という手法です。

ダイレクトレスポンスマーケティングはインターネット業界、ネットワークビジネス業界に多大な影響をもたらしました。

しかし、メールマガジンが大量の送られてくることの嫌気がさした人たちが、hotmailやYahooメールなどの無料捨てメールアドレスを使って登録し始めたので、精読率が下がり、メルマガ独占広告は廃れていきました。

リードメール広告時代

メルマガ広告が廃れ始めた時、リードメール広告というものが流行り始めました。これはメール広告を読むとポイントがたまり、キャッシュに換金できるというものです。

メルマガ独占広告に比べると、成約率は低くかったですが、そこそこ反応はありました。

インターネット全面禁止&アフィリエイトの台頭

このころになると、インターネットの匿名性を利用して、あることない事や嘘偽り大げさ、無責任な宣伝がネットワークビジネス会社で問題となり、インターネットでの集客を全面的に禁止する会社が続出しました。

また、それまではインターネットの副業と言えばMLMが主流だったのですが、アフィリエイトが台頭し始めて、MLM人口はアフィリエイトへ流れていき、しばらくの間、インターネットのネットワークビジネスは暗黒の時代に突入することとなりました。

オーバチュアとアドワーズ広告(PPC)時代でのハーバライフ

そのころ、検索キーワード広告(PPC)のオーバチュアとアドワーズが出始め、ネットワーカーも広告を出し始めました。

ハーバライフのあるグループが活発に宣伝活動をしていました。

当時は審査もゆるく、個人でも、ネットワークビジネスでも、低価格で広告が出せて、もの凄い反応を得ることが出来ました。お金は必要ですが、当時は1クリック9円などで投稿が出来ました。

現在では、数百円があたりまえになりましたが。

しかし、ある一部のグループがむちゃくちゃな広告を出し始め、PPC広告でのネットワークビジネスの宣伝は全面禁止になり、急速に廃れていきました。

mixiの時代でのGNLD

そこのころ、SNSのmixiが流行り始めました。GNLDのあるグループが活躍していました。

一部のネットワーカーはmixiの秘匿性を利用し、mixi内で過激なリクルートを始めました。

足跡を自動でツールを使い、あっちこっちに宣伝をし始めて荒稼ぎをしたグループもありましたが、やりすぎが問題となり、mixi内でのMLM宣伝が禁止となり廃れていきました。

ameblo時代での削除問題

次に流行ったのがアメブロでした。このころからブログが一般大衆に広まって、ホームページが作れない素人でも手軽に、自分の考えを発信できるようになりました。

アメブロはSNSの要素が非常に高く、読者登録やペタ、ランキング、メッセージ機能を使うことで、効率よく宣伝、集客が出来るようになりました。

アフィリエイターもこぞってアメブロを集客に使うようになり、アメブロは当時は非常に盛り上がっていました。

しかし、また一部の悪い連中が迷惑行為をすることで、アメブロの運営会社サイバーエージェントがアフィリエイトやネットワークビジネス関係のブログを一斉削除し始めて、こちらも廃れていきました。

SEOブログ時代

アメブロがダメになった次に流行り始めたのが、ロングテールキーワードを中心に記事を書く、SEOブログタイプでの集客方法でした。

しかし、この手法は、素人にはなかなかハードルが高く、SEOブログをやるグループと、手軽に集客が出来るFacebookグループとに分かれることになりました。

Facebook時代

FacebookがSNSの星として世界に台頭し始めてから、Facebookにてネットワークビジネスを広めるグループが出始めました。

ブログと違い、簡単に集客宣伝が出来るので、初心者や素人にも手を出しやすいのがメリットです。デメリットとしては実名と顔出しなので、友達にネットワークビジネスをやっていることがばれてしまうのが嫌だ、と言う人もいます。

またブログと違って投稿し続ける、いいね押し続ける、コメント書き続けなければいけませんので、完全な労働収入です。ブログであれば半不労所得なんですが。

ただ、現在はネットワークビジネスをインターネットで広める場合は、Facebookを使うグループが主流となっています。しかしこれもいつ廃れるかわかりません。インターネットの世界の動きは速いですから。

条件付きでインターネットでのリクルートを解禁する動き

Facebookが流行り始めたことによって、出会いの場所として、大手ネットワークビジネス会社は条件付きで、それまで禁止していたインターネットでの集客を一部認め始めました。

しかしあくまでも出会いで使うだけで、実際にリクルートする際はお会いして説明をちゃんとしなければいけません。

今後ネットワークビジネスとインターネットとの関係はどう発展していくのか、ある意味楽しみではあります。

まとめ スマホの時代を迎え

インターネットの人口はスマホが普及して爆発的に増えました。それと同時に、パソコンマニアが消え、パソコン素人でもインターネットで自由に集客が出来る時代になりました。

  • Youtube
  • Twitter
  • ZOOM
  • USTREAM
  • Skype
  • Facebook
  • LINE@
  • メッセンジャーボット
  • メーリングリスト
  • エバーグリーン

こういったネットの無料ツールは爆発的に開発され、リリースされていますが、それをマーケティングにどう組み込んで、どう使いこなすのかが今後の課題です。

また、法的な問題、モラルの問題もクリアしなければいけません。

ただ、言えることは、インターネットやスマホによって口コミ時代の手法から、壁が崩れ、ワールドワイドなマーケティングが初心者にもやりやすくなった、口下手でも出来るようになってきたことは確かです。

私の個人的なイメージでは、口コミとスマホとLINE@を使って、スマホでのネットセミナーがメインとなっていくのではないかと思います。

リアルセミナーとネットセミナーの両刀使いです。会社の規約にもよりますが、ネットでのサインアップが可能になれば、リクルートは非常にスムーズに運ぶと思われます。

今後のインターネットとネットワークビジネスの発展が楽しみです。

もう友達は勧誘したくない、、その悩み解決しましょう!

ネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ「友達の信用すら失ってしまう」と言う事。ビジネスを切り出せない。勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからないなら、、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。

でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

友達に嫌がられず、、逆に感謝されるMLMネット集客ノウハウを知りたくありませんか?

関連記事

  1. ネットワークビジネス・インターネットでダウンを作る手順とは

  2. 橋本和英とはいったい何者なのか?橋本和英ストーリー

  3. 30代サラリーマンの平均年収とお金の悩みとカッコいい生き方につい…

  4. ネットワークビジネスの掛け持ちはやるべきか?やらないべきか?

  5. あなたに適したネットワークビジネスの選び方を教えます。

  6. アクセスを集めるブログ記事は読者の知りたい事を書くこと

おすすめ記事

  1. アムウェイとアリックス、どちらに参加したほうが良いのか?
  2. アムウェイ空気清浄機でコロナを撃退出来るのか?
  3. アムウェイコンフォートマスクでコロナを防げるか?

ピックアップ記事

  1. ★MLMニュース★ダチョウの卵の栄養で人々に健康を貢献しているMLM会社『アトコントロール』の売…
  2. エッセンシャルオイルのネットワークビジネスを展開するヤング・リヴィング・ジャパン・インクが新…
  3. DII Consentesとは、合法的なネットワークビジネス(マルチ)を行っている会社です。…

カテゴリー

ページ上部へ戻る