アクセスを集めるブログ記事は読者の知りたい事を書くこと

ネットワークビジネス情報

自分が書きたい事を書いてはいけない

さて、昨日2名のブロガーのブログ添削をしました。

お二人ともきちんと基礎的な勉強をして、間違っていないやり方で記事を書いていました。

キーワードもきちんと調べて、キーワードを中心に記事を書いていました。

  • でもアクセスが集まらない・・・・
  • メールセミナー生が来ない・・・

で、よくよく見てみたら、読者の知りたい記事を書いていないことが判明しました。

読者の知りたい事を書くというよりも、自分が書きたい記事、書ける記事を書いていました。

検索キーワードで検索する人は、いったい何を知りたいのか、何が問題なのか、を推測して記事を書きましょう。

たとえば、下記のキーワードで検索する人は、いったい何を知りたがっていると思いますか?

また、その人はどんな状態、悩みだと思いますか?

「歯医者 札幌市」で検索する人は何を知りたいですか?

考えてみてください・・・・・

たぶん、簡単ですよね?

この方は、おそらく、いま、歯が痛いのだと思います。

で、札幌に住んでいる人だと思います。

で、早く歯医者に行きたい、出来れば評判の良い歯医者に行きたいので、札幌の歯医者の場所を調べたい、

こんな感じじゃないでしょうか?

となると、どんな記事を書けばいいのか?

「札幌市で評判が良い歯医者トップ10!」

みたいな記事を書けばよいですよね?

でも、ブロガーの一部は、下記のような記事を書いているのです

「札幌に住む歯医者の息子がドラ息子だという件について」

たしかに、キーワードは入っていますけど、記事の内容が読者の意向とずれていますよね?

これだと、アクセスは集まりませんし、SEO効果も出てきません。

最近のグーグルアルゴリズム(SEO理論)は、読者の知りたい事に沿った記事かどうか、も判断します。

ただ、キーワードが入っていたらOK、という時代ではないんですね。

では、この点に注意して、今後も記事を書いてアクセスを集めていってくださいね!

 

【広告】
お金の不安をなくしあなたらしく生きる方法

私は元ダメなサラリーマンでした。しかし今では億の資産家。

サラリーマンを辞めて、大学生のように自由に暮らしたいと思い、退職したのですが。。。どうしたら大学生のように暮らせるのか?悪戦苦闘♪

お金に困らない方法を、私の体験談を踏まえてあなたにお伝えします。

ネットワークビジネス情報
kazuhideをフォローする
ネットワークビジネスマガジン

コメント

タイトルとURLをコピーしました