ネットワークビジネスにおける精神的被害。その実態を暴く

ネットワークビジネス

消費者センターには、ネットワークビジネスには数多くの被害相談、被害報告が寄せられています。

その中で、心に傷を負った精神的被害を訴える人もいます。しかし、精神的被害とは、金銭的被害と違い、損害賠償請求をすることが極めて困難なので、泣き寝入りしてしまうケースが後を絶ちません。

ここではネットワークビジネスにはどのような精神的被害があるのかをお伝えします。

アップのノルマ達成のための買い込みを強要される

ネットワークビジネスでは、自分のグループ全体での売り上げによって、タイトル昇格や降格があり、それによってまたボーナスの額や割合も決まってきます。

ですから、自分のグループの売上ノルマを達成するために、メンバー一人当たりの割り当てノルマを決めて、達成できない場合は「自分でローンを組んででも買い込め」と強要されるケースがあります。

その時のプレッシャーや精神的な負い目による精神被害は大きなものがあるでしょう。

友達から嫌われ、軽蔑される精神的な被害

これは精神的被害と言っていいかどうかはわかりませんが、自分が誘っておきながら「被害」と言うのはおかしいかもしれませんね。

しかしながら、誘わなければいけないような雰囲気に追い込まれ、いやいや勧誘をするのであれば、これはもしかしたら精神的被害かもしれません。

大切な友達から嫌われ、遠ざけられ、軽蔑される精神的な苦しみは大きなものがあるでしょう。

異性のアップからのセクハラ

あなたが女性であれば、男性のリーダーやアップから、ダウンを付けさせてあげるから、収入を増やしてあげるからと言う名目で、ホテルでマンツーマン指導をされる、つまりセックスを強要されるケースは紛れもなく精神的な被害と言えるでしょう。

断ればいいのでは、と思われるかもしれませんが、アップやリーダーの機嫌を損ねると、もうネットワークビジネスでの成功は閉ざされてしまう、という恐怖感から、従わざるを得ない、というものです。

これはセクシャルハラスメントであり、ネットワークビジネスの精神的被害です。

まとめ

ネットワークビジネスにはまだまだこれら以外にも精神的被害があります。みなさんのコメント、体験談をお寄せください。

 

オンライン型MLMであなたの未来は輝きだす!

2023年オンライン型MLMが始まります

暗い未来が分かっているのに、何も対策を取らないのは自分の責任です。オンライン型のMLMならあなたの未来の資産形成に役立ちます。オンライン型なら自宅で出来ますし、お友達を誘う必要もありません。

詳細はこちらから

ネットワークビジネス
kazuhideをフォローする
ネットワークビジネスマガジン

コメント

タイトルとURLをコピーしました