ネットワークビジネスではなぜ借金地獄に陥ってしまうのか?

ネットワークビジネスの被害

稼いで、お金持ちになって、夢を実現するはずのネットワークビジネスでは、借金地獄にはまってしまい、最後は自己破産や離婚に陥ってしまう人がいます。

なぜ、低資本で低リスクと言われるネットワークビジネスで借金地獄にはまってしまうのでしょうか?その謎に迫る。

耐久商材のMLMは最初に借金をしてスタート

ネットワークビジネスの会社が扱い商材には消耗品と耐久商材とがあります。

消耗品とはサプリメントや化粧品など、毎月消耗する製品で、耐久商材とは浄水器や羽毛布団、寝具、マッサージ器などがあります。

耐久商材は一回だけの購入で済みますが、その代わり値段が高いのが特徴です。最低でも30万円で、50万、100万円などの商材もあります。

もちろん多くの人はキャッシュでは買えませんので、ローンを組むことになります。

これに加えて、毎月のリピート代金などもある会社がありますので、ローンの支払いとリピート代金などでお金が回らなくなります。

消費者センターで借金をし始める

最初は少額のお金を借りるつもりだったのですが、毎月毎月借りる癖がついてしまって、どんどんと膨れ上がってしまうのです。

そして知らない間に利息が膨大になり、あとで真っ青になります。

タイトル維持のための借金

ネットワークビジネスでは売上に応じてタイトルが昇格します。タイトルが昇格すると支払いボーナスのパーセンテージも上がります。

そのため、売上を維持する為に商品を自腹で買い込む人が出てきます。しかも借金をして。こうなってくるとどんどんと追い込まれていきます。

成功者を演出するために豪華な生活をしないといけない

ネットワークビジネスは夢を見せる仕事ですから、ダウンの手前、お客さんの手間、お金持ちを演出しないといけません。

  • 高級ブランドの服
  • 高級な装飾品
  • 海外高級車
  • 高層マンションの上層階に住む
  • 高級バッグ
  • 高級ブランドの靴
  • 食事は高級レストラン
  • 宿泊は高級ホテル

このような派手な出費をしていたら、ますます借金は増えていく一方です。

とどめは税金の支払い

成功したネットワーカーは、稼ぐ力が大きい人がいますが、金銭管理が苦手な人も多いのです。ですから稼いだら稼いだだけ使ってしまい、翌年の税金支払いの分をストックしていません。

なので、確定申告の時期になって真っ青になり、税金が支払えずに借金地獄、または自己破産という憂き目にあうのです。

まとめ

ネットワークビジネスは人の欲望を煽り立て、少しくらい借金しても大丈夫という錯覚に陥ります。ネットワークビジネスは頑張れば頑張るほどに、稼ぐことが出来る夢のようなビジネスモデルです。

だからこそ、しっかりとしたマインドと金銭管理、ファイナンシャルリテラシーが求められるのです。

 

【広告】
お金の不安をなくしあなたらしく生きる方法

私は元ダメなサラリーマンでした。しかし今では億の資産家。

サラリーマンを辞めて、大学生のように自由に暮らしたいと思い、退職したのですが。。。どうしたら大学生のように暮らせるのか?悪戦苦闘♪

お金に困らない方法を、私の体験談を踏まえてあなたにお伝えします。

ネットワークビジネスの被害
kazuhideをフォローする
ネットワークビジネスマガジン

コメント

タイトルとURLをコピーしました