ネットワークビジネスセミナーの集団心理の裏側を暴く

ネットワークビジネス情報

ネットワークビジネス業界ではよくセミナーが開催されます。

セミナーの内容は多岐にわたります。新規獲得のための事業説明会だったり、既存メンバーの為の商品説明や営業方法の教育だったり、自己啓発セミナーだったりします。

ネットワークビジネスではセミナーの中で、集団心理をうまく利用し、新規契約をさせたり、ダウンメンバーを思うが儘に操り、自分の思う方向へ持っていく事もやっています。

では、どのような集団心理を利用しているのでしょうか?

集団を洗脳するための手法の数々

ネットワークビジネスのセミナーの洗脳や集団心理には数々の細かな戦略、手法が用いられていますのでご紹介します。

机は置かない

通常のセミナーには机が置かれていますが、洗脳の為のセミナーには机は用いません。なぜかというと、机があると、眠る人が出てくるからです。机にもたれかかって集中力を無くすからです。

しかし机がないと、セミナーに集中するしかなく、眠る可能性が低くなります。

空調を寒くする

セミナーであったかい環境にすると、人は眠ります。眠ってしまっては元も子もありませんので、眠らずにセミナーに集中し、洗脳して、集団心理を活用するために、常に空調は寒くしてあります。

質問をし、手を上げさせる、声を出させる

講師は常に参加者に対して、質問をし、手を上げさせたり、声を出させたりします。

これも適度な緊張感を持続させ、眠らせないようにし、集中力をアップさせるためです。

新規を既存で囲む

新規で来られたお客さんを、既存のビジネスメンバーで囲むように座ります。既存メンバーはあたかも新規客のように振る舞います。

こうすることで、新規の客をリラックスさせたり、一緒に盛り上げたりすることが容易になります。

時計を置かない

時計を置くと、参加者が時間を気にするようになり、集中力がなくなります。

グループを作らせる

数名のグループを作らせます。そうすることにより、連帯感が生まれ、責任感が出てきます。さらにリーダーを選ばせて、参加者同士でお互いを管理するように仕向けます。

時たまシェアさせる

セミナーをただ座って聞かせるだけでなく、時たま、立たせて、セミナーの内容をグループでシェアさせます。

そうすることにより、「眠っていられない」という緊張感と、集中力を保てます。

「はい」と言わせる質問を繰り返す

講師は常に参加者に質問をします。そして質問は「はい」と言わせる質問を繰り返します。

  • あなたは成功したいですか?「はい」
  • あなたはお金が欲しいですか?「はい」
  • あなたは自信を得たいですか?「はい」
  • あなたは成功ノウハウを知りたいですか?「はい」
  • あなたは100万円のこの布団を買いたいですか?「はい」

このように、「はい」と言わせることで、心理状態をイエスの方向へ向かわせ、心を開かせて、商品やサービスを買いやすくさせます。

全員で大きな声で叫んだり唄ったりする

全員で声を出して歌を歌ったり叫んだりすると、心のストッパーが外れ、連帯感が生まれ、酸欠状態、貧血状態になり、理性が失われ、洗脳されやすくなります。

まとめ

このようにしてネットワークビジネスのセミナーでは集団心理を利用した洗脳が行われ、思うが儘に参加者を操り、商品を販売したり、参加させたりします。

しかし、これはあくまでも悪徳業者の立場からみた批判的な記事です。

ここで使われている手法は、良い方向に使えば、参加者を集中させ、セミナーの内容をしっかりと学び、成功させることに繋がります。

ネットワークビジネスのセミナーで使われているこれらのテクニックは、悪いことに使えば人を不幸にする武器になり、良いことに使えば人を幸せにする愛になります。

どう使うかは、あなた次第と言えます。

私は愛に使います。

 

【広告】
お金の不安をなくしあなたらしく生きる方法

私は元ダメなサラリーマンでした。しかし今では億の資産家。

サラリーマンを辞めて、大学生のように自由に暮らしたいと思い、退職したのですが。。。どうしたら大学生のように暮らせるのか?悪戦苦闘♪

お金に困らない方法を、私の体験談を踏まえてあなたにお伝えします。

ネットワークビジネス情報
kazuhideをフォローする
ネットワークビジネスマガジン

コメント

タイトルとURLをコピーしました