ナチュラリープラス六本木の本社のセミナー参加してきた報告ですわ

ナチュラリープラス

ナチュラリープラス事業説明会(セミナー)に参加してきました。六本木の泉ガーデンタワーです。

事情を説明しますと、私は昨年度からネットワークビジネス他社さんのセミナーを受けに行っています。

目的は、今のネットワークビジネスでさらに成功するために、他社の良いやり方や考え方、雰囲気、気合、情熱を学ぶためです。

参加する際は常に感謝の気持ちを込めて、相手の良い点ばかりを探します。悪い点探しても意味がないので。

今回のナチュラリープラスの説明会の流れや感じたこと学んだ事をシェアします。

場所は六本木の泉ガーデンタワー。キラキラきれいなビルディングです。

参加者は100名ほど。

他社さんに参加するたびに思うのは、会社によって参加者の雰囲気や個性、年齢が全く違う事です。

ナチュラリープラスの平均年齢は58歳とやや高めですが、フォーデイズはもっと高齢です。

男女比は7:3で女性が多い。

男性リーダーは、ホスト風の人や普通のおじちゃん風の人が多いです。

女性リーダーは、保険のやり手おばちゃんや、宝塚風の方が多いです。

ナチュラリープラスに参加する人は、アムウェイやニュースキン、ニューデイズなど、他社を経験した方が多いように見受けました。

トップリーダーのお二人が前半と後半とで、スピーチしてくれました。

説明会の流れとしては、現状の日本人のお金に対する考え方に警鐘を鳴らします。

常識を疑え、と。常識をもって、普通に生きていたら月収300万円がいいところだろう。

そして、老後破産になってしまうだろう、と。

そして、世界の長者番付の人たちを見てみると、ビルゲイツ、ウォーレンバフェット、ロバートキヨサキ、ドナルドトランプ、ビルクリントンなどの有名人がこぞってネットワークビジネスを推奨しています、と話の流れを持って行きます。

金持ちになりたければ常識を疑い、億万長者の意見を取り入れる方が良い。

そのあとは、金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフロークワドランドの話に持って行きます。

私自身、金持ち父さん貧乏父さんの本を読んだのが、もう15年も前になります。

だから、今更そのような話を聞いても、「古い」感じがしますが、現在の20代の若者にとって見たら新鮮なんですよね。

15年前と言えば、彼らはまだ小中学生でしたから。

そうか・・・・・・時代の流れは速い。

なので、今更ではなくて、時代は巡り巡って、「金持ち父さん・貧乏父さん」が新しいのかもしれません。

そこで、私も今後の戦略として、素直に金持ち父さん・貧乏父さんの話を持ってくる方が良いな、と思いました。

そのあとは、製品説明と、バイナリープランの説明、そして、新事業の電気・オーガニック食品・携帯についての説明がありました。

一番印象に残ったのは、スピーカーのダジャレ「このままだとヤバイナリー」。笑ったな~。

さて、バイナリーシステムは、現在は多くのネットワークビジネス会社も採用していますが、実はバイナリーを取り入れて大きく成長し、成功した会社はナチュラリープラスが最初らしいです。

それまでの報酬プランは、アムウェイのブレイクアウェイや、モリンダのようなユニレベルがほとんどでした。

ところが、バイナリーという新しいプランによって、人々が集まり、いままで成功できなかった人も成功できると、ブームになりました。

その波に乗った人は、成功しやすかったと思います。現実として。

ところが、どの報酬プランもやはり一長一短がありますので、バイナリーなりの欠点が見え始めると、人々は他社に移動することになります。

ナチュラリープラスは、当初は「スーパールテイン」という、目のサプリメント一本で勝負していました。

しかし、昨日の事業説明会では、スーパールテインのことを「目のサプリメント」とは一言も言いませんでした。カロテンとか抗酸化とかで説明していました。

「目のサプリ」という売り込みでは、うまくいかないという事でしょうか?

ただ、そうなってくると、何のサプリメントなのか、いまいちよくわからない、セールスポイントが消えてしまった印象があります。

昨日のナチュラリープラスの事業説明会は、古典的な、王道のネットワークビジネスの雰囲気とトークを堪能することが出来ました。

ありがとうございます。今後の事業展開に活かします。

 

【広告】
お金の不安をなくしあなたらしく生きる方法

私は元ダメなサラリーマンでした。しかし今では億の資産家。

サラリーマンを辞めて、大学生のように自由に暮らしたいと思い、退職したのですが。。。どうしたら大学生のように暮らせるのか?悪戦苦闘♪

お金に困らない方法を、私の体験談を踏まえてあなたにお伝えします。

ナチュラリープラス
kazuhideをフォローする
ネットワークビジネスマガジン

コメント

タイトルとURLをコピーしました