R+Fクラブ会員になると得か?ロダンに参加するか考えた時に知った事実。

ネットワークビジネス

6月にロダンアンドフィールズ、元プロアクティブ創設者の皮膚科医の女医さん達が立ち上げたネットワークビジネス企業が、日本に上陸しました!最近「在宅でできる副業」というフレーズで沢山声をかけられるので、どんなものかと話を聞いてみました。

ロダンアンドフィールズに参加するかどうか?メリットを考えてみるには役立つと思います。

ロダンアンドフィールズとは

ケイティ・ロダン医師とキャシー・フィールズ医師はという二人の女医さん。スタンフォード大学で研修を受けた美容皮膚科医であり、有名なニキビケアブランドであるプロアクティブの開発者。プロアクティブ者は成熟したため、莫大な金額で売却し、新たに2人は、「誰もが理想の肌を叶える可能性を秘めていると信じて、すべての女性に皮膚科学に基づくスキンケアを届けるというビジョンのもと」ロダン+フィールズを設立しているようです。

プロアクティブ創設者!というだけで商品力が凄そうですよね。

 

 

2人は、すべての人に健康で美しい肌を手に入れてもらいたいという共通の想いのもと、長年の研究知識と最新の科学から独自のスキンケア哲学「マルチ・ステップ・サイエンス」を築き上げました。この哲学を取り入れ、一人ひとりの肌コンディションに応えるために開発したのがロダン+フィールズのスキンケア・プログラムです。

3つの商品ラインアップがあり、美白、シワケア、敏感肌用と3ステップ。

ourfounders-imagetextbox-3-desktop.jpg

青:

ハリツヤあふれる肌へ導くディファイン スキンケア・プログラム
すこやかで引き締まった肌を叶えるために開発。

黄色:

明るくクリアな肌へ導くブライトーン スキンケア・プログラム
肌の色ムラに対処するために開発。

緑:

安定した健康肌へ導くスーズ スキンケア・プログラム
ゆらぎ肌を安定させるために開発。

 

プロアクティブではニキビケアと、若い世代がメインターゲットでしたが、ロダンでは大人の女性がメインターゲットのようですね。価格も、プロアクティブの倍以上の商品なので、製品の品質、成分に期待できそうです。

 

R+Fクラブ会員とは何?メリット・デメリット

手元の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

R+Fクラブは、ロダン+フィールズの会員限定プログラム。

メリット

  • R+Fクラブ会員になると、すべての製品が10%OFFで購入可能。
  • 登録料無料
  • 送料も無料
  • 製品は基本的に60日ごとにお届け(定期便)
  • 定期商品、お届けサイクルの変更も可能。
  • 会員限定の特典やキャンペーン、会員専用のカスタマーサービス窓口がある。
  • 会員になるためには、10%OFF適用後の金額で合計8,000円(税込)以上の購入が必要。
  • 定期購入、通常購入ともに割引価格で購入可能。

要は、ネットワークビジネスのメンバーではなく、「買うだけ定期購入会員」で8000円以上購入すると10%オフになるお得な買い方のようですね。

ビジネスメンバーになるための登録料や、ビジネスメンバーとして会員を獲得しなければ・・というような考えも不要で、純粋に楽しく良いものを安く購入できる会員のようです。

しかも、紹介者不要、気楽に通販と同じく購入できるのはいいですね。

ロダン+フィールズのWEBサイト上で、合計8,000円(税込)以上の製品をカートに入れ、カートページに表示される「R+Fクラブに登録する」のボックスにチェックをしてください。ご登録の際は、クレジットカード番号などの情報が必要となります。

参照:ロダンアンドフィールズ公式サイト https://www.rodanandfields.co.jp/rfclub/rfclub-faq

デメリット

  • 買うだけ会員なので、友達にお勧めしても特に収入にはつながらない。
  • 単純な愛用者、ユーザー。

というところでした。買うだけでいい、ビジネスはしたくない、ネットワークビジネスの世界は嫌、という人にとっては魅力的な商品を気軽に頼めるのでいい仕組みで利用者も増えそうです。

 

あまりビジネスに自信がない、まずは商品だけを試してみたい!そう考える人にとっては、コンサルタントになる前に、一度愛用してみることもアリですね。

 

コメント

そのやり方じゃSNSでダウンが出来てないでしょ?

インターネットを使えば、Instagramを使えば、
簡単にダウンが出来ると思っていませんか?

それは大間違いです。
インターネットでも口コミでも、
声掛けや集客には成功するための原理原則があります。

それを知らないでネットで集客はしないでください。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました